なぜAGAが起きるのか?

プロペシア
↑AGAになった時は有名なこの薬で早めに対処

AGA(男性型脱毛症)が起こるのは、DHT(ジヒドロテストステロン)のせいです。簡単に言ってしまえば、DHTの影響さえ受けないようにすれば、AGAは改善できるということです。
DHTは、男性ホルモンのテストステロンがII型5α-リダクターゼという酵素によって還元されると生じます。これがDHTのレセプター(受容体)と結合すると、その部分で生理学的作用、つまり脱毛が起こります。
AGAでは頭頂部や前頭部から薄毛が進行することが多いですが、それはDHTのレセプターがこの周辺に集中しているせいです。
逆に、後頭部や側頭部にはレセプターがないか、まばらであるため、薄毛が進行しても脱毛が起こりにくいです。
遺伝子がDHTの影響を受けると、ヘアサイクルが乱れます。
ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルで絶えず回っているのが正常ですが、AGAになると発毛に関わる毛乳頭が萎縮してしまい、毛母細胞の成長を止めてしまいます。
すると、髪が太く長く生えるべきはずの時期である成長期が短くなり、十分に成長できなかった毛が抜け落ちてしまいます。
しかも、髪が頭皮の表面下で休んでいる休止期が相対的に長引いてしまうため、髪の密度がどんどん薄くなってしまいます。
再び生えてきてもすぐに成長期が終わって抜け落ちるということが繰り返されて、薄毛が進行していきます。
AGAは遺伝によって起こる可能性もありますが、DHTが増えやすい食生活などが原因で起こることもあります。脂っこいジャンクな食事ばかりしていると、DHTが増えやすくなります。
治療方法としては、II型5α-リダクターゼの働きを抑制して、DHTが増えないようにする内服薬による方法があります。

ページの先頭へ戻る