AGAでお悩みの方におすすめの治療方法

AGA(男性型脱毛症)の治療方法は、いくつもあります。
育毛剤やサプリメントなどを試してみたけれども効果がなかった人は、専門のクリニックに行って診察を受けると良いでしょう。保険診療にはならないので費用は高くなってしまいますが、医学的根拠に基づいた方法で治療してもらえるので、安心感があります。
AGAの治療方法で一般的なのは、内服薬による治療です。今までは塗るタイプの薬しかありませんでしたが、今では飲むタイプの薬が登場しています。
AGAの原因は、男性ホルモンテストステロンが、II型5α-リダクターゼという酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されて、それが脱毛を引き起こしてしまうことで起こります。
後頭部や側頭部はDHTのレセプター(受容体)がないので脱毛は起こりにくいですが、DHTのレセプターがある頭頂部と前頭部はDHTによって脱毛が起きてしまいます。
治療薬は、II型5α-リダクターゼ酵素の働きを阻害することで、DHTが増えないようにして治療します。
こうすることで、髪の成長に関わる毛乳頭が萎縮せず、ヘアサイクルが正常になります。正常なヘアサイクルが戻ってくれば、休止期に入っていた髪が成長期に移り、髪が生えてきます。最初は細く短い毛ですが、治療効果が出て来れば太く長い髪に成長します。
治療薬が効かない場合には、自毛植毛や増毛、成長因子の注入、などの治療法があります。
自毛植毛は外科手術で、DHTの影響を受けない後頭部や側頭部から髪を頭皮ごと切り取り、脱毛箇所に移植する方法です。
増毛は残っている自分の髪に人工毛を結びつけていきます。
成長因子の注入は、育毛効果のある薬剤を注射で直接頭皮に注入する治療法です。

ページの先頭へ戻る