AGAの治療方法と予防対策

男性型脱毛症、所謂AGAは治療することができる脱毛症です。治療方法には種類があり、一般的なのが経口薬を利用して脱毛を予防するという方法です。AGA用の内服薬には抜け毛の促進をする物質を抑制して発毛環境を整える作用がありますので、病院での治療の時にも処方されることがあります。それと同時に外用薬も処方されることがありますが、発毛作用のある外用薬を併用することで効果が大きくなるとされているのです。
注射による治療方法もありますが、注射治療はダイレクトに毛根に作用しますので、より強力な効果を発揮するという特徴があります。ただし、費用が安くありませんので気軽に受けられる治療方法ではないかもしれません。
その他にも植毛によって改善することも可能です。特に自毛植毛は推奨度も高く、自前の髪の毛を用いますので取れてしまう心配がありませんし、普通の髪の毛として扱うことができます。
いざという時にはこのような治療によって改善することも可能ですが、できるだけAGAは予防をして脱毛させないようにすることも大事です。予防をする為にはまず生活習慣をきちんと整えることが大切と言われています。日頃の生活の乱れは髪の毛の成長にも影響する為、バランスの良い食事を心掛けたり、十分に眠るようにした方が良いでしょう。また、適度な運動やストレスを溜めないようにするといった工夫も有効とされています。
予防の為には発毛の促進も大事ですので、早くから発毛剤を利用するのも良いと言えます。脱毛が目立ってきてから発毛剤を使うよりも脱毛自体を抑制することがAGAの発症を遅らせるポイントでもある為、薄毛になる前から対策を行うようにするのが将来的に困らない為の鍵になるはずです。

ページの先頭へ戻る